スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の事、これからの事

口頭試問を終え、一段落…少しゆっくりできるはず……と思いきや。私たち夫婦の2月の平均睡眠時間は多分4時間弱…と言う超多忙な日々を過ごしておりました。

忙しさの理由は、仕事その他諸々…だったのですが、ここでやっと少しご報告できる状況までたどり着きました。

まず一番のメインから。
事の発端は昨年の10月。
毎日の通勤で乗る地下鉄の車内広告で、JICAのシニアボランティアの募集を見た事。以前からちょっと興味があった私は、ダンナさんを誘って軽い気持ちで説明会の会場に足を運んだ。

説明会の後のアンケート。「説明会に参加されて、JICAの活動への興味が…1.強くなった 2.少し強くなった 3.変わらない ・・・・・」と続く中で、ダンナさんは思い切り1にマルをつけていた。そして、申し込みを決意。この時点で、大学の卒論が追い込みだった私は、健康上の条件等の不安もあり、申し込みを断念。

書類を提出したダンナさんは、無事書類選考を通過し、12月末2時面接の為東京へ。

その結果が出るのは2月3日。私の口頭試問の前日で、私は東京へ向かう日。

東京に着いた私の元にダンナさんからの電話。「ダメだった」本当はすぐにでも福岡に帰りたい気持だったけど、口頭試問は翌日なのでそうもいかない。

翌日口頭試問を終え、福岡に戻り…ダンナさんの口から出た言葉は「海外の求人がかなりあるから、履歴書送ってみようと思う。」だった。つまり、3月末で今勤務している日本語学校は退職と言う事。一応JICAの1次に通過した時点で、辞めることになるかもしれない事は学校に伝えていた。でもダメだった時に残れる状況でもあった。だから、私はそうなるものだと思っていた。

海外で仕事を探すのであれば、私も履歴書を送れば確率は2倍になる。と言う事で、私も就職活動開始。そして、まずトルコの大学に応募。ここはかなり書類が大変だったけれど、何とか揃えて提出。ここの返事は来週くらいになりそう。

そして、それぞれ10数通の履歴書をメールや郵便で送った。
結果、私は採用の通知が1通(ヴェトナム)、書類審査通過のお知らせが2通(インドネシアとタイ)そして、日・英の履歴書と職務経歴書を送って欲しいと言う連絡が1通。
ダンナさんの方は採用が2通。一件は民間の日本語学校で、こちらは私も履歴書を送っていた。すごく親切なところで、「今回はご主人の方を採用とさせていただきますが、奥様の就職も可能だと思います」と言う内容のメールが届いた。そして二人で来ると言う事で、二人が生活できるだけの給料の確保もして下さった。

そしてもう一件。こちらは大学。ダンナさんは昨日電話での面接を受けていた。私は履歴書を送っていなかった。と言うのも条件の中に「家族同伴原則不可」と言うのがあったから。
ダンナさんは「原則」だから、と一応応募。

昨日の面接の際に、私も一緒に行きたいと言う事。そしてできれば私も日本語教師として仕事をしたいと言う希望を持っている事を伝えてくれた。

そして今日採用のお知らせ。「原則家族同伴は不可ですが、昨日瀬川様と電話でお話をして、まじめな人柄に触れ、原則を曲げてでも来て頂きたいと職員全員の意見が一致しました」と言う、とてもありがたい内容。ただ、「奥様がお仕事をできる可能性はかなり低いと思われます」と言うお知らせ。ただ、私が滞在するためのヴィザや就職先の事など、この短時間で可能な限り調べて下さった様子。

仕事ができないと言うのはかなり辛いけど、ダンナさんの将来にとって、民間の日本語学校と大学で比べると大学での経験を積んでおいたほうが良いに決まっている。

そんな事を考えて、もしここにお世話になるとしたら、私はその大学で何らかの勉強ができたらいいと、自分の方向転換をした。ただぼーっと過ごす時間にはしたくない。せっかく行くのだから、そこでしかできない事、学べない事があるはずだから。で、その点を現在問合わせ中。

この時点で、私が採用のお知らせをもらっているところと、2次面接のお知らせを頂いているところは全部お断りのメールをした。

就職がらみは一応この位かな~~今の時点ではタイに行く事が濃厚、と言う事で〆ておきます。

そして次の忙しかった理由。
これは遡る事昨年の暮れ。卒論の提出をしてホッとしていた私の元に井○先生が1枚のプリントを持って近付いてきた。そしてそのプリントを手渡して「これちょっと考えてみて下さい」と…。
内容をみると「日本語教育学会の研究発表の募集」に関する内容。
現在担任をしているクラスでやっている事が、ある程度形になっているのを実感している私に「応募してみてはどうか」と言う、ありがたいお誘い。先生も私とは別の分野で応募を考えていると言う事。

で、応募を決意。せっかくやっている事だから、形にしたい。
その応募締め切りが2月13日。トルコへの書類を期日に間に合わせるためにギリギリの時期だったので、トルコの書類と並行して応募書類や、研究の要旨を作成。で、何とか応募。

それが採用に!!!!6月4日の学会で発表の運びとなりました!!!

そんなこんなで、これからもかなり忙しくなりそう。でも、色々ご報告できる事が日々あると思うので、できるだけ更新して行きます。

そして、3月末で退職が決定した今、担任クラスの学生たちとの別れを考えるだけで、涙が出てしまう私。残りの時間を大切に、伝えられる事をできる限り伝えて…。最後まで見届けたかった。
それだけが心残り。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

す、すごい!!本当におめでとう。
たくさんの幸せが一度に舞い込んできて、コレまでの苦労が
一気に花開いたんだね。夢が広がってるなあ。

新しい出発に最適なタイミングよね。早く、おいわいしよう~。
いつごろがいいかな?

こんばんは。

タイ料理を堪能してくださいね(笑)ちなみにぼくはグリーンカレーが好きです。
ぼくなりにいろいろやることについて悩んだりもしてるんですけど、なんだかとっても勇気が出ました。
あと、忙しい中コメントをいただきまして、本当にありがとうございましたヾ(^v^)k
 

Re: No title

reiちゃん
ありがとう。自分が働けないとか、帰国してからの事とか不安は一杯だけど、ま、やれる事を地道にやってみるよ!

あのスペイン料理のお店にちゃんと行きたいんだよね~~。
3月待つくらいしか時間なさそうだけど、どう?

Re: こんばんは。

gことmさん

タイ料理。以前旅行で行った時には全く受け付けなかったんですよね~~。でも日本で食べるタイ料理はおいしい!今度こそ、タイ料理満喫してきます。お料理も覚えたいですね~~。

今回は、初めは取り敢えずダンナさんのサポートに徹することになりそうです。慣れてから私の仕事が探せればと思っています。
プロフィール

ぷりんちぺっさあじゃ

Author:ぷりんちぺっさあじゃ
     

イタリア 大好き。

大好きなダンナ様とラブラブ生活をしながら、
日本語教師として戦いの日々。

”piano piano”…少しずつ、理想の私に近付きたい。

Facebook
最近の記事
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。